ハイパーサーミア(温熱療法)について
戸田中央総合病院 ME科 科長 大越 裕幸

 

Q
ハイパーサーミアとは?
A

ハイパーサーミアは、炎症や癒着などの病変部位を40〜43℃に加温することによって薬の効果を高めたり疼痛緩和など症状コントロールを目的としても使用されますが、ここでは癌細胞に対して熱を加えて、死滅させる治療法としてお話をさせて頂きます。
 人間の体の細胞は、人工的に熱を加えた場合、42.5℃を過ぎると、急激に死滅するようになります。こうした高熱によって、細胞が死滅する性質を利用して、癌細胞を攻撃しようというのが、ハイパーサーミアの考え方です。


Q
なぜ正常な細胞組織に障害を与えずに、癌細胞だけを温めることができるのでしょうか?
A

幸いなことに、癌細胞は正常な細胞より温まりやすく、熱に弱い性質があります。同じ様に加熱しても、癌細胞は正常な細胞に比べて、1〜2℃高くなるために、正常な組織を破壊することなく、癌細胞を死滅させることができるのです。


Q
なぜそうしたことが可能なのでしょうか?
A

人間の体には、体温を調節し、一定に保つ働きがあります。体内の正常な組織に熱が加わると、血管が広がり、その部分に血液がたくさん流れ込むようになります。その結果、熱が体外に放出されるので、体温を一定に保つことができるのです。ところが、癌細胞を通る血管は、正常な組織にある血管とは異なり、温めても血管が拡張しないので、血流量が増えません。その結果、熱を体外に放出することができずに、熱がこもってしまい、周りの組織に比べて、温度が高くなるのです。こうした癌細胞の性質を利用して、癌の温熱療法(ハイパーサーミア)が行われます。


Q
放射線療法や化学療法の併用とは?
A

放射線療法との併用では、増殖分裂を準備している時期の癌細胞には、放射線が効きにくいことがありますが、この時期の癌細胞は熱に弱いので、ハイパーサーミアが効果を発揮します。また化学療法との併用では、ハイパーサーミアによって癌細胞の細胞膜が変性するために、抗癌剤が癌細胞の中に入りやすくなり、癌細胞の再生能力を抑制する効果があります。


Q
なぜ、ハイパーサーミアは、がん治療の第5の柱なのでしょうか?
A

癌の治療は手術・放射線・化学療法の3つの大きな柱となっていますが、最近、免疫療法が盛んに研究されるようになり、これを第4の柱とすれば、ハイパーサーミアは第5の柱ということになります。
 ハイパーサーミアは放射線や化学療法と違って癌の種類に関係なく効果があり、副作用がないので注目を浴び、集合的治療に威力を発揮しています。表在性腫瘍への効果はもちろんのこと、外科的手段が不可能、放射線の十分な照射ができない、有効な抗癌剤の投与も副作用が気がかりでできない、といったケースが少なくない深部臓器の難治癌に対する治療法としてこそ、ハイパーサーミアはその真価が期待されているのです。


Q
なぜ、ハイパーサーミアは末期癌などの痛みに効果があるのでしょうか?
A

多くの場合は腫瘍の縮小を伴っていなすのでそのためかとも思われますが、臨床上、縮小効果が十分認められない場合でもしばしば痛みのとれる場合があります。
 痛みのとれる鎮痛効果という点では90%以上に認められています。痛みのとれる理由については、剖検すると腫瘍細胞が全く存在しないというハイパーサーミア特有の傾向なども含めて、まだよく解明されていませんが、神経の障害がとれていることが十分に考えられます。


THERMOTRON-RF8は一図で示すように両電極に通電されるRF波によって、組織の双極子およびイオンが1秒間に約800万回もの急速な回転、移動動作を起こし、摩擦熱を発生させます。
これは組織全体の自己発熱であり、身体の表面から深部までが一様に加温されます。一般的な熱伝導による加温方法に比べ、昇温速度が速やかで、かつ温度制御が正確・容易で、まだ清潔な環境で使用することができます。
加温原理
  

保健新報目次
 
Copyright 1962-2003 TODA CHUO Medical Group Administration division. All rights reserved.