胃食道逆流症(逆流性食道炎)ってなに?
胸やけで悩んでいませんか?

みなさん、「胸やけ」を感じたことはありませんか?食べ過ぎやストレスなどによって胸やけが起こります。胃液は強い酸性のため、これと混ざり合わさった食物や胃液などが食道に逆流して、食道の粘膜を刺激すると胸やけが起こります。そのほかにも、みぞおちや喉が焼けるように痛くなったり、のどの違和感(ものを飲み込むときにひっかかるような感じがするなど)の症状がでることもあります。最近、これら胸やけなどの症状がみられる病気が注目されています。以前はバリウムなどを使った消化管造影検査などでみられる胃食道逆流現象という病態や、内視鏡検査でみられる逆流性食道炎という病名が用いられていましたが、現在ではこれらを含めて包括的な疾患概念として胃食道逆流症(Gastroesophageal Reflux Disease:GERD)と呼ばれています。胃食道逆流症は欧米に患者数が非常に多く、日本では比較的少ないと考えられていました。しかし高齢化・食事の欧米化・診断の進歩などにより、日本でも近年この病気に悩まされる人がふえてきています。今回はこの胃食道逆流症について、その症状、診断、治療方法などを紹介したいと思います。


Q
どうして胃食道逆流症になるのでしょうか?
A
一度胃の中に入った食物などが食道に逆流するのは、ある特定の原因だけで起こることはほとんどありません、ふつうはいくつかの原因が重なって引き起こされます。

1.胃液の逆流を防ぐ機能の低下
本来食道と胃のつなぎ目の部分は括約筋と呼ばれる筋肉などで胃の中のものが逆流しないように弁の働きを持っていますが、加齢とともにこの働きが弱くなったり、食道裂孔ヘルニア(つなぎ目の部分の固定が弱くなり、本来おなかの中にあるものが胸のほうへとびだしてしまう)や胃の手術などで形態が変わることによって起こります。

2.食道や胃の蠕動運動の低下
食道へ逆流してきた胃液を胃に送り込むのが遅れ、食道内にとどまる時間が長くなったり、胃炎や胃漬瘍などによって胃の働きが弱まり食物が長時間とどまるようになると起こりやすくなります。

3.腹圧の上昇
肥満やお腹を締め付けたり、重いものを持つことにより胃が圧迫され、胃液を逆流しやすくなる。

4.胃液の分泌増加
胃液の分泌が多くなると、逆流が起こったときに食道粘膜が傷つけられやすくなります。

5.食物摂取量の増加
食べ過ぎたり、脂肪の多い食事をとると胃の働きが悪くなり、胃と食道の問にある「噴門」が開きやすくなります。空気がでれば「げっぷ」、胃液がでれば「逆流」になります。

以上のように様々な要因によって逆流が起こってきます。

Q
胃食道逆流症になるとどのような症状がみられるのでしょうか?
A
一番多い症状は“胸やけ”です。しかし冒頭にお話したみぞおちやのどが焼けるような胸やけ症状を訴える患者さんもいますが、胃食道逆流症では前胸部灼熱感という“胸がチリチリ焼けるような”症状のことが多いといわれています。この他には“胃液や胃内容物が食道やのどあるいは□の中へ逆流する感じ(吐出)”や“口がすっぱくなる感じ(呑酸感)”、また頻度としては少ないですが、のどの痛みやつっかえる感じ、嗄声(しわがれ声)、胸痛、喘患様などの症状などがでる患者さんがいらっしゃいます。実際、長い間原因のわからない頑固な咳で苦しんでおられた方が検査によってこの病気とわかり、治療とともに今までが嘘のように頑固な咳から開放されたり、原因不明の胸痛で苦しんでおられた方がこの病気とわかったりなどということもあります。

Q
診断するにはどのような検査をするのでしょうか?
A
一般的には内視鏡検査を行います。これにより逆流に伴う食道の発赤やびらん(ただれ)が認められれば診断できます。ただし症状はまさしく合致するものの、この食道の変化がごくわずかであったり、認められない場合にはあとで記明します内服治療を行って症状が改善するかどうかで判断します。そのほかの方法としては、バリウムなどの造影剤を飲んでいただき体位変換などで胃の中の造影剤が食道に逆流するかをみる検査やペーハーモニターといわれる器械を使って食道への胃液の逆流を調べる検査などがあります。

Q
治療方法を教えてください。
A

逆流性食道炎の薬物治療は、症状を和らげる対症療法が主体です。くすりで症状を改善させるとともに、あとでお話する生活の注意点を守っていくことが大切です。

治療薬としては、「胃酸分泌抑制剤」、「消化管運動機能改善剤」、「制酸剤」、「粘膜保護剤」などが使われます。以下にそれぞれの薬の説明をします。



胃酸分泌抑制剤:胃酸の分泌を抑える薬で、フロトンポンプ阻害剤(PPI)、H2ブロッカーなどがあります。フロトンポンプ阻害剤(PPI)は、現在最も強力な胃酸分泌抑制剤です。なかにはこのフロトンポンプ阻害剤(PPI)でしか症状が抑えられない方がいらっしゃいます。以前この薬は投与期間が決められていたため、いったん症状が軽快したひとが、中止することによって悪化したりしたこともありました。しかし今ではこれらの患者さんに限って長期に内服することができるようになり、良好な症状コントロールができるようになってきています。

制酸剤:胃酸を中和する薬で、胃酸分泌抑制剤と併用して使われることが多いです。

消化管運動機能改善剤:食道の運動をよくして逆流してきた胃酸を押し戻したり、胃の運動をよくして胃からの排出を促す働きを高めます。これらの薬を組み合わせて使用して
いくことになります。薬物療法では効果がない場合や、ヘルニアがひどい場合などには手術を行うこともあります。

Q
日常生活のなかで気を付けることはありますか?
A
逆流性食道炎の症状は、日常生活の改善だけでも緩和されることがあります。次のことに注意して下さい。前屈みの姿勢、排便時の力み、ベルトや帯びでお腹を締め付ける、重い物を持つなどの腹圧を上げることを避けて下さい。腹圧が上がることによって逆流しやすい状態を作ってしまいます。食事では脂肪の多い食物、チョコレートなどの甘いもの、柑橘類、コーヒー・紅茶、香辛料、アルコール類、タバコなどは胃酸の分泌を高めたり、胃内での食物の停滞時間が長くなることなどで逆流を起こしやすくします。そしてなによりは食べ過ぎない、食後すぐ横にならないことが大切です。過食は、胃酸の分泌や胃内の圧を上げますので、特に夕食は“あっさりとしたものをほどほどに”していただき、食後すぐ横になると胃酸が逆流しやすいので、食後1〜2時間は横にならないように心がけて下さい。最後に、寝るときに胸やけが強い場合は寝る前の食事は避け、夕食の量はは少な目にして、上体を少し高くして寝ると効果的です。横向きに寝る場合は、右を下にして寝るとよいですが、うつぶせ寝はおすすめできません。


最近は美食飽食のせいか、はたまた夜型人間といわれる人たちが増えているせいなのか、若い方たちの中にも見受けられる機会が増えてきています。若い方たちだけではありませんが、これをお読みになってもしかしたらと思われる方は一度消化器科医にご相談ください。ただしこの病気は治療も大事ですが、日頃の悪しき生活習慣を直す事が何よりも重要です。

Copyright 1962-2003 TODA CHUO Medical Group Administration division. All rights reserved.