胆嚢の働き the gall
戸塚共立第2病院 外科 阿部 裕

 胆嚢は肝臓の下に張り付くようにある袋状の臓器です。
形はちょうどナスのような形をしています。
 胆臓で作られた胆汁を蓄える働きがあります。
胆汁は特に脂肪分の消化を助ける働きがあり、胆嚢は必要に応じて収縮して、この胆汁の流れ道(総胆管)を通して十二指腸へ送り出し食物の消化を助けます。
 この胆汁の流れがせき止められると、体が黄色くなる黄疸になります。


胆石症

 胆嚢の病気のなかで一番ポピュラーなのは胆石症です。実際、私たち日本人の10人に1人は胆石を持っています。胆石を持っている人でも症状がないこともあり、検査をして初めて見つかることも少なくありません。胆嚢は肝臓で作られる胆汁を濃縮して食事による刺激が来ると収縮して消化管の中に放出します。このとき胆汁の通り道に石が詰まったりすると右上腹部に激烈な痛みを生じます。結石には色々な種類がり、コレステロールを主成分にするものや、ピリルピンを主成分にするもの、それらが混合するもの、カルシウムの沈着を伴うものなどさまざまです。
 数についても胆嚢内に1個だけ認められるものから、小さいものを100個以上も認めるものまで千差万別です。
 また、胆嚢内だけでなく、総胆管にも結石を認める場合(総胆管結石)もあります。
 胆石症の典型的な症状は吐き気や上腹部の痛み、特に溝おちの辺りや右上腹部に痛みや圧迫感を認めることが多く、背中にかけての鈍痛や“こった”感じと張りもよく認められます。
 こういう症状は食事を食べ過ぎた後や、特に油物を多く食べた後に認められます。症状がひどいときは、激痛となり、発熱や黄疸を認め胆嚢炎の症状となります。
 胆嚢炎がひどくなると腹膜炎をおこしたり、胆臓に炎症および、胆機能障害を併発する事もあります。なかには総胆管に落下した結石が原因で急性膵炎という重篤な病気を併発することもあります。


胆嚢ポリープ

 胆嚢ポリープとは胆嚢の中に隆起した病変(ポリープ)を認める病気です。超音波検査の普及で数多く発見されるようになりました。胆嚢ポリープでは殆ど症状はありません。まれにコレステロールを成分とするコレステロールポリープの患者様で、ポリープが胆嚢内に脱落して胆石症と同じ症状を認めることがあります。
 ほとんどの胆嚢ポリープは、コレステロールポリープか腺腫性ポリープとよばれる良性のポリープで、これらは小さいものであれば治療の必要はありません。
しかしながら、大きさが10mmを超えると腺腫性ポリープの一部が悪性化したり、まれには小さくても悪性の腫瘍(胆嚢癌)を認めることがあります。
 したがって、10mmを超えるポリープや、徐々に大きくなったポリープは危険とされ、胆嚢摘出術が望ましいと考えられています。現在の段階では残念ながら超音波検査(エコー)やCTスキャンを用いても、良性・悪性のかんべつが難しい事もあり胆嚢を摘出して顕微鏡で調べる(病理検査)事が一番確実な方法です。


胆石症の治療法

 胆石症の治療法には、内科的治療法と外科的な手術による方法があります。内科的治療には薬による治療と衝撃波による治療がありますが、どちらも不確実であり、結石を作る胆嚢(病的胆嚢)が残るので結石再発の可能性が高いという問題点があります。


外科的治療(胆嚢摘出術)

 内科的治療や衝撃波による治療法に比べて手術による治療法は病気の胆嚢を結石と共に切除する事で、確実に1回の手術で胆石症を根治できる方法です。胆石症は胆嚢の病気ですから、胆嚢を開いて胆石だけ取り出す方法では病気の胆嚢を残す事になり、結石が再発する危険が高く根本的な治療にはなりません。ですから、結石とともに胆嚢を切除する方法が胆石症の標準的治療として広く世界中で行われています。日本では、毎年約20万人の胆石症の患者様が胆嚢の摘出手術を受けておられます。
 以前に行われていた胆石症・胆嚢ポリープの手術は、お腹の臍の上もしくは右上腹部を10mm〜15mm開腹し、胆嚢を直接見ながら(直視下に)摘出する方法でした。しかし、本邦では1990年から内視鏡による胆嚢摘出術(腹腔鏡下胆嚢摘出術)が導入され、現在胆石症患者様に対する標準的手術となっています。
 この方法はお臍に開けた小さな穴からお腹の中に内視鏡(腹腔鏡)を入れ、お腹の中を特殊なガスで膨らませて、(おなかをつりあげておこなう方法もあります)テレビモニターでお腹の中を見ながら手術を行います。
 手術は全身麻酔で行います。
 上腹部に挿入した何本かの細いチューブを通して、腹腔鏡手術用の特殊な器具を使って、普通の手術と同じように安全に胆嚢を切除します。

切除した胆嚢は、内視鏡と一緒にお臍の小さな傷から取り出します。
 内視鏡による胆嚢摘出術には多くの利点があります。

  • 内視鏡手術には手術による傷が極めて小さく、また、術後の痛みが開腹術に比べて非常に少なく、翌日からどんどん歩けます。
  • 手術後の腸の運動の回復が早いので、普通手術翌日の午後からは食事ができます。
  • 術後順調に経過すれば手術後4、5日で退院できます。職場などへの復帰も開腹手術に比べればはるかに早く可能です。
  • 傷が非常に小さいため、特に女性にとっては、美容上の利点もあります。

 しかし、すべての患者様にこの手術が行えるわけではなく、なかには以前に行われていたように開腹手術がふさわしい患者様もいます。
 それは、胆嚢炎がひどく発熱や白血球数の増加を伴う場合(急性胆嚢炎)や、くり返す胆嚢炎や腹膜炎を起こした事により胆嚢周囲に高度の癒着をみとめる場合や、胃や十二指腸の手術(特に悪性腫瘍に対して)を受けたことのある場合などです。また、手術前の検査でこの方法が可能とされた場合でも、高度な胆嚢の癒着や出血などで、内視鏡での手術が不可能となり、開腹による普通の手術に切り替わる可能性もありますので、その可能性については手術前に十分ご承知していただく必要があります。


胆嚢がなくなっても大丈夫?

 胆嚢の働きは胆汁の貯蔵にあります。胆汁は特に油物の消化に欠かせない液です。これは肝臓で作られており、胆嚢は単なるその貯蔵庫です。もちろん胆嚢も1つの臓器ですから、取らずにすむのであればそれにこしたことはありませんが、これがなくなっても胆汁は胆臓で作られていますので、胆汁の分泌には大きな問題はありません。
 つまり貯蔵庫がなくなって、生産地からの産地直送になるとお考えください。
 もちろん油物を食べ過ぎた時など胆汁の分泌が追いつかなくて下痢をすることなどは起こりえます。


最後に

 開腹手術、内視鏡手術のいずれにも危険が全くないわけではありません。しかしながら、手術が必要な胆石症や胆嚢ポリープの方では、病気のある胆嚢を残すことの危険性の方が、手術の危険性に比べてはるかに大きいことをご理解ください。



保健新報目次
Copyright(C)1962-2004 TODA CHUO Medical Group Administration division. All rights reserved.